【終了しました】『プレシャス・マミーお助け隊』セミナー【どうしたらいいのかわからないママのための悩みを解決する!】


子育て真っ最中のママのイライラを解決するために結成された

『プレシャス・マミーお助けレンジャーフォー』

今回のテーマは:

「どうしたらいいのかわからないママのための悩みを解決する!」

 

「ウチの子病気?」
「もしかしたら病院?」
「どこに行けばいいの?」
「誰に相談したらいいの?」


そんな悩みを解決いたします!

 

カラダに表れているのは、「症状」の一つにすぎません。
本当の原因がわからないまま「病名」が決められてる病気がものすごく多いことをご存知ですか?

 

生活環境も、年齢も、性別も、体重もすべて違うのに
「あなたのお子さんは●●です。」と診断名が下されるのが現代の医学です。

 

もちろん、誰が見てもわかる症状であればそれが普通かもしれませんが
「ココロ」の問題が「カラダ」になんらかの影響を与えていることも多く考えられます。

 

ゲームをやめない、夜寝ない、朝起きない、学校に行きたがらない、落ち着きがない・・・。

 

そんなことを病気にされてはたまりませんが、あまりにも度が過ぎるとママの心の中で
「病気なんじゃない?」という声が聞こえてきますよね?

 

そんな経験のあるみなさんの悩みを解決します。

 

・ゲームをやめない

 

・夜寝ない

 

・朝起きない

 

・学校に行きたがらない

 

・落ち着きがない

 

・すぐキレる

 

・片付けができない

 

・集中力がない

 

・友達から仲間はずれにされている

 

・学校の先生から心療内科受診をすすめられている

 

・心療内科で受診している

 

そんなママたちは是非参加ください。

もう一人で悩まないで!!
この機会に、その悩みをみんなで分かちあい、ベテランの先生たちのアドバイスを受け、解決の糸口をみつけましょう!

 

6月16日(金)に開催した
プレシャス・マミーお助けレンジャーフォーセミナー
「ADHDとどう向き合うか」
に参加された皆さんの感想です。

 

「世の中にADHDでない人はひとりもいない」
という言葉を聴き、安心したとともに、
枠にはめて子どもを見ないよう、
常にその子自身を理解しようという気持ちを
忘れないでいたいと、
親として一番大切なことに改めて気づかせてもらいました。
 
 
親と全く違う世界観を持った魂を
わが子として持つことができたすべての父親母親は
なんと素晴らしい機会を得られたのかと
一母親として感動しました。
すべての先生方が、
それぞれのすばらしい質感を持ってお話してくださったのが
とてもありがたいひとときになりました。
 
 
診断名に限らず、ありのままの子どもを理解することが大切
栄養(食事面)で注意すること(当分の取りすぎはダメ)
ADHDに限らず、子育てに役立つと思った。
具体的なお話、先生の体験談はとても面白くためになった。
 
 
親としての心の持ち方、
「名前」(病名)の持つ力の強さ、
そしてそれにとらわれないようにするという
とても大事な視点をいただきました。
診断名に縛られ、
途方に暮れてしまう親御さんも多いと思うので、
そういった方たちの心の救いになると思いました。
 
 
初めての参加でしたが、とてもよかったと思います。
普通の病院では得られないあたたかい視線を感じました。
 
 
子ども目線ではなく、
自分都合で状況を変えたい焦りが先立っていることに
あらためて気づかされました。
短い時間でわかりやすく参考になる話が
たくさん聞けました。
ありがとうございます。
 
 
子どもの世界観を大切にすることに尽きる
私がこの力をつけていくことがスタートだと思いました。
先生方のお話は心にしみます。
私も取り入れてやっていきたいと思います。
 
 
私個人としての気持ちの持ち方は得られました。
ADHDかな・・・とイメージで娘を囲わないこと
幸和先生の、世の中の誰も理解できなくても
母親の私だけは理解してあげる・・・
少し涙が出ました。
 
 
本やおしきせの情報ではなく、
実際的な話を聴くことができてよかった。
一人の先生の長い講演ではなく、
4人の方のいろいろな視点でのお話がきけて
長さも適度で頭に入りやすかったです。
先生方ご自身のご経験や
子育てのお話がよかったです。
 
 
ADHDというのはただの言葉であるということ
ADHDという枠組みの中の子どもを見るのではなく
その子の個性を見ることが大切だというのは
子どもの育て方で大切なことはADHDであろうが
そうでなかろうが同じということ。
子どもの本質よりも病気を理解しようとする親が
あまりに多いと思うのでとても役立ちました。
 
 
子どもの想いを知ること
子どもの世界観に興味を持つこと
一人の人として見ることの大切さを
あらためて感じました。
ADHDという枠だけではなく、
子どもを持つすべてのおかあさんに役立つ
聴いてほしい内容だと思いました。
 
 
子どもを受容して理解すること、
ありのままの状態を見てあげること
どういう風になりたいかのアプローチをサポートすること
言葉によって人生は開かれもするし閉じられもする
子どもにどんなことがあっても一番の理解者であること
 
 
とにかく深いセミナーでした。
表面的な医療セミナーではなく、
心に響くセミナーでした。
知識だけでなく、メンタル&♡にきたセミナーで
役に立ちました。

 

【日時】
7月14日(金)
10:00〜12:00

 

【会場】
東京健康クリニック
日比谷線「広尾」駅1番出口より徒歩9分 日比谷線/大江戸線「六本木」駅1b出口より徒歩8分

 

【会費】
2,000円(税込)
※終了後講師の先生たちとのランチ会を開催します(希望者のみ)
ランチ代別途(1,500円程度)
*当日会費を集金させていただきます。お釣りのないようご準備ください。
*ランチ会ご希望の方は申込時にお知らせください。

 

【講師】
喜多 敏明 (東京健康クリニック顧問)
榎並 彩子 (東京健康クリニック 小児科医)
永松 昌泰 (ハーネマンアカデミーオブホメオパシー学長)
永松 幸和 (ハーネマンアカデミーオブホメオパシー校長)

 

【司会進行】
谷 亜由未

 

【運 営】
株式会社プレシャス・マミー

 

【講師プロフィール】
・東京健康クリニック顧問 喜多 敏明

 
1985年富山医科薬科大学医学部 卒業
1996年富山医科薬科大学附属病院 和漢診療部助手
1999年富山医科薬科大学和漢薬研究所 漢方診断学部門助教授
2003年千葉大学環境健康フィールド科学センター准教授
2004年千葉大学柏の葉診療所所長
2013年辻仲病院柏の葉 漢方未病治療センター長

日本東洋医学会理事・専門医・指導医 日本未病システム学会理事・未病医学認定医 東亜医学協会理事 MBI認定コーチ マスターNLPプラクティショナー ウェルスダイナミクス・プラクティショナー

 

・東京健康クリニック所属 小児科医 榎並 彩子


2006年筑波大学医学専門学群医学類卒業。筑波大学附属病院にて初期研修
2008年東京医科歯科大学小児科に入局。
2008年土浦協同病院小児科。
2009年草加市立小児科、2012年草加市立病院小児科医長。
2015年4月、夫の転勤に伴い静岡に転居。富士宮市立病院小児科医長。
2016年4月~2017年3月まで富士宮市立病院小児科科長。
2017年4月より、富士宮市立病院小児科外来勤務を継続しながら、東京健康クリニックメンタルホリスティック治療センター小児科部門に就任。


小児の全般的な診察・加療を行いながら、西洋医学と東洋医学を統合した心身症外来を専門としている。2児の母
○日本小児科学会専門医
○所属学会・日本小児科学会・日本外来小児科学会・日本東洋医学会・日本小児東洋医学会・日本小児心身医学会・日本統合医療学会



・ハーネマンアカデミーオブホメオパシー学長 永松昌泰


慶應大学、コロンビア大学、パリ大学で量子力学、数学、哲学、文学を学び、音楽、宗教、武道などに至る幅広い関心がホメオパシーに直結。森羅万象のあらゆる現象がホメオパシーと融合する。長く探求してきた「ものの道理」とホメオパシーとが完全に重なっていることを確信。

「あらゆる病は余すところなくありのまま症状の全体像に表現され尽くしている」というホメオパシーと「現象に表現されていないような『隠れた本質』は存在しない」とする哲学が一致。本来統合されていたサイエンスとアートが再び融合してゆく場としてハーネマンアカデミーを設立する。

 

・ハーネマンアカデミーオブホメオパシー校長 永松幸和


9年間英国に留学、ハーネマンアカデミー英国校、スクールオブホメオパシー(Misha Norland)、ダイナミススクール(PostGraduate/JeremySherr)の3校を卒業。英国のみならずギリシャ、イタリア、インドなど海外の一流ホメオパスから意欲的に学ぶ。

クライアントを受け入れる心を磨くには日常の一瞬一瞬を大切にすることが最も重要であることを痛感、日々努力を続ける。大学時代は心理学と美術を専攻。ビジュアルや音楽、詩などを駆使した芸術的な授業や実践からつながるわかりやすい授業が人気である。


・プレシャス・マミー 代表   谷 亜由未


名古屋女子短期大学卒業後、富士通(株)に勤務。23歳で結婚、26歳で出産、3年間専業主婦の後仕事に復帰。自宅にて学習塾運営、その後事務アルバイトをしながらコーチングを学び2004年に講師として独立。2009年一人息子が「塾なし、すべり止めなし」で東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010年3月株式会社プレシャス・マミーを設立。「ママであることがキャリアになる日本」を目指す。
著書:
「東大脳は12歳までに育てる!」 かんき出版
「東大脳が育つ魔法の言葉」 かんき出版
「中学生のやる気は親しだい!」 PHP研究所
「1週間で男の子のしつけの悩みがなくなる本」 かんき出版
 

セミナーのお申し込みはこちらから

申込欄下のキャンセルポリシーをよくお読みの上、お申し込み下さい。

 

プリン'sカフェお茶会・セミナー等、キャンセルポリシー

お申込みいただいた時点でお席を確保いたします。
やむなくキャンセルする場合には、必ず事前にご連絡ください。
なお、以下の通りキャンセル料が発生いたします。

  • 開催日より1週間前までのキャンセル:無料
  • 開催日より3日前までのキャンセル:50%
  • それ以降:100%

お茶会、セミナーが当日現金払いの場合、キャンセル料はキャンセルが確定次第お振込くださいますようお願いします。
キャンセル料の振込先はお申込みいただいた方にメールでお知らせいたします。

single-report.php